ipadのposなど経営に必要なアイテムを利用する

便利なシステム

posシステムとはなにか

posは、日本語では販売時点情報管理と呼ばれるもので物品販売や売上実績などをリアルタイムで集計する機能を持ち合わせたシステムのことを指します。このposシステムを導入することで商品の適切な販売が行えるというメリットと同時に自動でどのような商品が売れたのかを計算することができ、それらデータを活用して今後の販売計画に役立てることができます。 このposを行うためには、会計時のデータをリアルタイムで送信する必要があり、専用のpos端末と呼ばれる機械を導入する必要がありました。一般にpos端末はレジスターに付与されているものが中心でしたが、近年は軽量化したタブレット端末が使われるようになっており、そのひとつがアップルのipadになります。

ipadを使うメリット

ipadを使ったposシステムのメリットとしては専用のレジスターを導入するよりも割安という点があげられます。レジスターの場合には設置する場所が固定されますが、ipadを利用すれば持ち運びが可能になり、飲食店などでは注文端末としても利用することができますし、クレジットカードを読み取る機械を設置することで、その場での決済が出来るといったメリットがあります。 もちろんipadのほか専用の現金収納ケースとレシート印刷装置を設置すれば、通常のレジスターと同様に使うことができますし、ipadなのでレジスターを置く場所までの配線も不要で、レジの場所を簡単に変えられるといったメリットがあります。またソフトウェアを更新することでシステムを容易に更新できるのもipadを使ったposの魅力です。